部屋の模様替え・レイアウト

壁に穴を開けたくないアナタが写真やポスターを飾る3つのコツ

更新日:

それは、優しさです。

スポンサーリンク

賃貸物件に住んでいる方なら、必ずといっていいほど悩む問題。それが「壁」の扱い方です。

自分らしく部屋を使いたいからこそ、お気に入りの写真やポスターを壁に飾りたい。だけど、借りているだけの部屋に画びょうなどで穴を開けてしまうのはちょっと・・・ねぇ?

実は、賃貸物件でも壁に穴を開けていいって、ご存知でしたか?

画びょうの穴ならOK

通常の画びょうなどで壁紙に穴が開く程度でしたら、クロスの日焼けなどと同様、いわゆる「通常磨耗」の範囲内。メンテナンスコストは貸主が負担するのが一般的です。(※釘はNGですよ)

とは言っても、大家さんによっては「そんな決まり知ったこっちゃない」とばかりに、容赦無く敷金から修繕費を引いてこようとする方も中にはいらっしゃったり・・・。

僕も学生時代、仲介会社を交えて侃々諤々と揉めた経験があります。

「そんな面倒ごとはなるべく避けたい」という方、もしくは「綺麗な壁紙を少しでも大切に使いたい」という心優しい方。

そんな皆さんのために、壁をまったく傷つけずに写真やポスターを飾るためのアイテムをご紹介します。

貼って剥がせる粘着ラバー

海外では「ブルタック」の名で一般的なこちら。凹凸のある壁紙でもしっかりと貼り付き、綺麗に剥がすことができる粘着素材です。

マスキングテープ

ひと昔前でしたら、テープで貼るだけなんて見た目もカッコ悪くて仕方ありませんでしたが、いまどきのおしゃれなマスキングテープを使えば、まるでフォトフレームのように一味違ったコーディネートが楽しめます。

フォトクリップ

壁沿いに細い紐(糸)を這わせて、飾りたいものをクリップなどで留めるテクニックです。写真を飾る専用のハンガー型クリップなどもあり、色々とアレンジも楽しめます。

飾り方のコツ

最後に、美しく飾るためのコツをいくつかご紹介。下にいくほど上級者向けのテクニックになります。

  1. 基本は壁一面につき大きめの写真やポスターを一枚飾る(ソファやベッドと中心を合わせる)
  2. いくつか並べる時は、縦か横のラインを揃える(間隔は均等に) 
  3. 中央にメインとなる一枚を設置し、その周囲に大小様々な写真やポストカードなどを飾るテクニックもあり
  4. 壁掛け時計やウォールステッカー(壁紙シール)などと組み合わせるのもおすすめ

いかがでしたか?

賃貸物件でなくても、新しく引っ越した家を傷つけるのは心が痛むもの。住まいをいたわる優しい気持ちを大切に、賢くお部屋を使いましょう!

  • この記事を書いた人

philo

元・インテリアコーディネーター。ユニークな雑貨・家具・ガジェットなんかの情報を集めてます。よろしければのフォローをどうぞ!

-部屋の模様替え・レイアウト
-, , ,

https://antibioticlistinfo.com

best-cooler.reviews/category/arctic-ice/

xn--e1agzba9f.com

Copyright© crita.info , 2018 All Rights Reserved.