デュラレックスのグラス「ピカルディ」が爆発するってホント?

動画とかちょっと見てみたいかも・・・。

デュラレックス(DURALEX)とは?

フランスの国営企業「サンゴバン(Saint-Gobain)」のガラス製品ブランド。代表作である「ピカルディ(PICARDIE)」は、世界で一番有名なタンブラーとも言っても過言ではありません。

Duralex Picardie Clear

強化ガラスで作られたこのタンブラーの特徴は、とにかく頑丈なこと。耐熱性にも優れ、電子レンジや食洗機ももちろんOK。スタッキング(積み重ね)収納できる利便性もあり、世界中のカフェやレストランで幅広く使われています。

カラーバリエーション・サイズは?

定番のクリア・マリン・アンバー・スモークのほか、ビビッドなレッド・イエロー・ピンク・グリーンや、フロスト(磨り)ガラスのモデルも揃っています。

サイズもカフェグラスにぴったりなサイズのほか、ハイボールやサワー類にぴったりなロングタンブラーなどもあります。

デュラレックスが爆発した?!

巷でウワサになっているのが「デュラレックスが突然爆発した」というもの。

確かにGoogleなどで検索してみると、粉々に砕け散ったデュラレックス(だったもの)の写真や体験談をちらほらと見かけます。

「全面物理強化ガラス」は、ちょっとやそっとの衝撃ではビクともしない反面、いざ割れるときには破片が激しく飛散する特徴があります。(※デュラレックスは車のガラスのように破片が細かくなって怪我をしにくい仕様になっているそうです)

世界中で星の数ほど販売されているデュラレックスの普及総数と比較すれば、宝くじに当たったような確率かもしれませんが、ゼロではないというだけでもやっぱり心配してしまいますよね。

注意点としては、

  • 傷がついたらすぐに使用をやめる。
  • 洗うときに傷をつける研磨スポンジやたわしなどを使わない。
  • 中に何も入れない状態で電子レンジを使わない(空焚きしない)。

こういったところでしょうか(製品の注意書きにも書いてあります)。価格も手頃な製品なので、定期的に買い換えるようにするのもいいかもしれません。

それでも心配な方は、強化ガラスではないイッタラの「Aino Aalto(アイノ・アアルト)」シリーズがおすすめ。こちらもピカルディと並んで世界的に有名なタンブラーです。

大人の男にぴったりな「マットブラック」が登場!

そんな心配を吹き飛ばしてしまうほど魅力的なピカルディの新色を発見してしまいました。

その名も、「」です。

Duralex Picardie Soft-Touch

爽やか(軽やか)なイメージが強い他のカラバリとはひと味違い、重厚感すら感じさせる落ち着いたマット仕様のグラスは、書斎などのデスク周りにもぴったり合いそう。

家族それぞれが自分の好きなカラーのデュラレックスを選んでダイニングテーブルに並べる、なんてとき、お父さんにこんな特別なタンブラーを差し上げては?

デュラレックスが100均(キャンドゥ)で買える・・・?

なんと、100円ショップである「キャンドゥ」でデュラレックスの商品が買える(買えた?)のだとか・・・。

タンブラー以外にも、サラダボウルも取り扱っているもよう。カラバリもあります。ありがちなコピー商品ではなく、正真正銘「DURALEX」のロゴが入った本物です。

他にも調べてみると、セリア(Seria)でも取り扱いがあったとのこと(※現在は不明)。

バリエーションにないサイズや色は本家の製品を買って、他はこういったお店で揃えるようにすれば、おうちの食器全てをデュラレックスにリニューアルする、なんてこともコスパ良くできるかも?

とっておきのグラスを使おう!

毎日のように使うアイテムには、やっぱりこだわりを持ちたいところ。直接肌に触れるグラス類は、手に持ってしっくりくるか?といった部分も意識したいものです。

お気に入りのマグカップを持っている方は多いかと思いますが、冷たいものを飲むときはせっかくだからカフェっぽいグラスで楽しみたいですよね。

いつものミネラルウォーターや炭酸水も、とっておきのタンブラーに入れればたちまちお部屋がカフェに早変わり。まだまだ暑さが続く夏、爽やか且つおしゃれに毎日を乗り切りましょう!