まとめ

【2019年版】おしゃれな家具を定額レンタル!おすすめのサブスクリプションサービス7選

更新日:

サブスクリプションという言葉も、随分と一般化してきましたね。

音楽や動画配信など、様々なサービスが定額料金で利用できる「サブスクリプションサービス」は、近年急激にその数を増してきており、最近では居酒屋やカフェといったリアル店舗でも、月額会費を支払えばいつでも飲み放題になる、なんてお店も出てきたようです。

こういったトレンドの波は、もちろんインテリア業界にもやってきており、家具を購入するのではなくサブスクリプションで利用できるサービスが次々と誕生しています。

今回は、そんな家具のレンタル・サブスクリプションサービスをまとめてみました。

目次

レンタルとサブスクリプションの違いって何?

定額料金を支払ってモノを利用する、というと、昔からレンタルやリースといった呼び方で似たようなサービスがありました。

では、そういったサービスと、ここ最近聞かれるようになったサブスクリプションサービスは、何が違うのでしょうか。

色々と調べてみましたが、事業者によって細かな定義が微妙に異なるもよう。

よく見受けられる違いとしては、一般的なレンタルサービスが半年や一年といった最低利用期間が設けられていることが多いのに対し、サブスクリプションサービスは1ヶ月単位で細かな期間の設定が可能、といったところでしょうか。

同じサブスクリプション(レンタル)を謳っていても、サービスによって対応するサービスが色々と異なりますので、下記のまとめや各サイトで事前に確認することをおすすめします。

サブスクリプション(定額)で家具をレンタルできるサービス

subsclife(サブスクライフ)

Subsclife

オリジナル家具の製造・販売を行なっているKAMARQが展開する家具のサブスクリプションサービス。

3ヶ月〜24ヶ月まで1ヶ月単位でプランが用意されており、月500円からという非常にリーズナブルな価格設定が魅力的。

自社オリジナルの家具シリーズのほか、ACME Furnitureやjournal standard Furnitureといった有名ブランドの家具も取り扱っています。

SIMPLES ARMREST CHAIR

Subsclife1

  • 月額:1,900円〜(小売価格:71,300円)

journal standard Furniture JFK SOFA W1700

Subsclife2

  • 月額:7,080円〜(小売価格:174,960円)

ACME Furniture GRANDVIEW BED FRAME SEMI DOUBLE

Subsclife3

  • 月額:3,900円〜(小売価格:91,800円)

新生活を始める方にぴったりの家具セットも種類が豊富。「一人暮らし×インダストリアル」や「二人暮らし×アメリカンヴィンテージ」など、利用シーンやお部屋の雰囲気に合わせて最適な椅子・テーブルなどのセットが選べます。

利用期間が終了した家具は、小売価格とこれまで払った料金の差額を支払うだけでそのまま買い取ることもできるので、初期購入コストを低く抑えたいという方や、とりあえず実際に使ってみて気にいるかどうか試してみたいという方におすすめです。

利用できる家具はすべて新品なのもポイント。法人向けにオフィス家具のレンタルサービスも行なっています。

※現在、商品の感想や生活風景をSNSに投稿することで月額利用料が3ヶ月間無料になる「モニターキャンペーン」を実施しています。

CLAS(クラス)

Clas

恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」の初代バチェラーとしてもおなじみ、久保裕丈氏が立ち上げた家具レンタルサービス。

利用できる家具はどれもシンプルで、どんなインテリアにも合わせやすいものばかり、設置やメンテナンスのしやすさや安全性を考えて独自設計されているそうです。

こちらもsubscrifeと同様、月々500円から利用できるもよう。6ヶ月の最低利用期間が設定されていますが、subscrifeと比べてどれもかなりリーズナブルな印象です。

一人掛けチェア

Clas1

  • 月額:500円〜

ソファ

Clas2

  • 月額:3000円〜

ベッド

Clas3

  • 月額:1,000円〜

サービスリリース当初はすべて新品家具が利用できるようですが、ゆくゆくはセカンドハンド品(他の人が利用した家具を修繕・消毒等したもの)になる場合もあるとのこと。

家具レンタル時に、家にある不要な家具を引き取ってくれる(1点につき1,000ポイント)サービスなども行なっているようです。

※いまなら無料の会員登録だけで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

airRoom(エアールーム)

Airroom

こちらも「月額500円から」を謳っている家具レンタルサービス。

「商品数No.1、日本最大級」と書いてあるように、豊富なアイテム数が特徴。様々なブランドのそれぞれテイストの異なる家具を手軽に組み合わせて利用できます。

シンプルチェア(ホワイト)

Airroom1

  • 月額:1,080円

北欧ダスティカラー2人掛けソファ(ブルー)

Airroom2

  • 月額:2,484円

プロのインテリアコーディネーターが独自にコーディネートした家具を、パッケージとしてレンタルすることも可能です。

爽やかなブルーの2人掛けソファが映える北欧スタイルのお部屋(5点セット)

Airroom3

  • 月額:6,048円

subscrifeと同様、1ヶ月単位での利用が可能で、気に入った家具は購入もできるようです。

「最長利用期間(12ヶ月)」が設けられているのも特徴の一つ。より良い状態で利用するために、長く使用した家具は一度返却する必要があるとのこと。

subscrifeとCLASのちょうど中間くらいのサービスといった感じですね。

flect(フレクト)

Flect

通販大手のdinos(ディノス)が運営する家具レンタルサービス。

「購入検討型」を謳っているように、基本的には買う前に家具を実際に使ってみたいという方や、初期費用を抑えたいというニーズを想定しているようです(もちろんレンタル目的でも問題ありません)。

当然、利用できる家具はすべて新品。シンプルなものからエレガントな印象の家具まで、幅広いラインナップが揃っています。

Maya/マヤ アームチェア

Flect1

  • 月額:1,096円

Aphrodite/アフロディーテ ベロアソファ

Flect2

  • 月額:4,498円

GlanPlus/グランプラス クールモダンベッド2つ折りマット付き ワイドダブル

Flect3

  • 月額:4,384円

最低利用期間は24ヶ月。その後、12ヶ月までの無料期間があり、その間に返却か買取かを決めるといった仕組みのようです。

利用時に申込金(商品の15%)がかかりますが、こちらは返却時に戻ってくるとのこと(※買取の際は差額に含めてくれます)。

トータルコストでも通常購入に比べて1%安くなる計算になるそうなので、購入前提なら有力な選択肢になりそうですね。

Kaggレンタル

Kaggrental

こちらはオフィス家具に特化したレンタルサービス。

Kagg.jpで販売している新品のオフィスチェアを月額980円からレンタルすることが可能です。

ラインナップはシンプルでリーズナブルなものから有名なアーロンチェア、コンテッサといった高級オフィスチェアまで実に様々。

Aeron Chair(アーロンチェア)

Kaggrental1

  • 月額:4,990円

Sellezza(セレッツァ)

Kaggrental2

  • 月額:3,490円

picora(ピコラ)

Kaggrental3

  • 月額:1,990円

レンタルを2年間継続すると、そのままその商品を譲り受けることができるので、初期コストを安く抑えたいニーズに最適。中には一括購入するよりかなりお得になるアイテムも・・・?

法人だけでなく個人でも利用できるので、自宅のデスクチェアを探している人や高級チェアを試してみたい方はチェックしてみてはいかが?

STYLICS(スタイリクス)

Stylics

ネットから申し込めるレンタルサービスを2000年ごろから行なっている老舗。

国内外150ブランドの7万点に及ぶ家具やカーテン・ラグといったアイテムを組み合わせてトータルにレンタルすることができます。

チェア LT106

Stylics1

  • 初回:2,181円
  • 2~24ヶ月目:1,101円
  • 25ヶ月目以降:697円

ソファ AZ0614

Stylics2

  • 初回:3,628円
  • 2~24ヶ月目:1,300円
  • 25ヶ月目以降:829円

ベッド AS057

Stylics3

  • 初回:3,096円
  • 2~24ヶ月目:1,400円
  • 25ヶ月目以降:893円

実店舗では専属のインテリアコーディネーターが3Dシミュレーターを使って、家具のコーディネートやレイアウトを強力にサポートしてくれます。

月々のレンタル料金は購入金額のおよそ3%。2年目以降は半額になり、返却時には商品価格の30%をキャッシュバックしてくれるため、3年2ヶ月以内に返却すれば支払総額が購入金額を超えることがありません。

さらに、商品が気に入って購入したい場合も販売価格とそれまでに支払ったレンタル料の差額を支払えばOK。購入前のお試し利用にも最適です。

クロネコおまかせレンタル

Yamatorental

最後にご紹介するのは、宅配大手のヤマトが運営するレンタルサービス。

家具以外に家電や照明、布団なども取り扱っており、何も持っていない状態からでも手軽に新生活を始められるのが特徴です。

引っ越しサービスと一緒に申し込めるので、運んでもらう荷物と足りない家財道具を合わせて手配できるというのが便利。こういったレンタルサービスは、引っ越し時に利用を検討することが多いので、まさに一石二鳥というわけですね。

レンタル家具の活用テクニック

レンタル家具のメリット・デメリット

◯高級なデザイン家具をお試しできる

有名ブランドやデザイナーの手による「一生モノ」の家具は、購入するのになかなか勇気がいるもの。買ってみてから、思っていたよりも「部屋に合わなかった」「使いづらかった」といった結果になってしまっては、目も当てられません。

レンタルやサブスクリプションサービスは、気になった家具を手軽に試すことができるのが大きなメリットです。家具のような日用品は、やはり実際に使ってみないとわからないことも多いですからね。

◯ライフスタイルの変化に合わせて使い分けられる

一人暮らしからパートナーとの二人暮らし、やがて子供が生まれ、その子供が成長していき・・・など、ライフスタイルの変化に合わせて最適な部屋や家具は異なるのが自然です。

こういった生活の変化のたびに家具を買い換えるのは、コスト的にも環境的にもあまりよろしくありません。多くの人が、以前から使っていたモノをだましだまし使い続けているのではないでしょうか。

レンタルやサブスクリプションサービスなら、その時々に必要な家具を選んで賢く使い分けることが可能です。ライフステージの変化だけでなく、ちょっとした好みの移り変わりにも対応できるのが魅力ですね。

◯初期コストを安く抑えられる

新生活を始めようという時にレンタルやサブスクリプションサービスを利用すれば、必要な家具を一揃えしても驚くほど低いコストで済ませることができます。

時間がない中で焦って不要なものを買ってしまい後悔する・・・なんて事態を防ぐことも可能です。

これらサービスの中には、支払ったレンタル料との差額を支払うだけでそのまま商品を買うことができるものも多いので、購入前提でこういったサービスを利用するのもオススメです。

×気に入った家具がないケースもある

世の中の全ての家具がレンタルできる、というわけではないので、中には「コレだ!」というものが見つからない方もいるかもしれません。

気に入った家具が(レンタルできないものの中で)見つかった場合は、それを手に入れるまでの「つなぎ」として、これらのサービスを利用するのはいかがでしょうか。

×新品の家具が使えない場合がある

レンタルという特性上、利用できる家具は他の方も利用したものであることも多いようです。

もちろん丁寧にリペアやクリーニングなどは行ってくれていますが、どうしても気になる方は、新品家具を借りられるサービスを利用するといいでしょう。

×トータルコストが高くなってしまうことも・・・。

同じ家具をずっと使い続ける方にとっては、レンタルサービスを長く利用すればするほどコスパが悪くなってしまいます。

ある程度利用して、その商品を気に入ったのなら、損をする前に差額を支払って購入できるサービスを利用するのがオススメです。

デザインや機能にそれほどこだわりがないなら、そこそこ質の高い家具を量販店等で購入したほうが、ずっとコスパが良いのも事実です。

また、賃貸vs持ち家の論争などでもよく話題になるのですが、自分のものになるわけでもないのに料金を支払い続けるのは無駄じゃないかと感じる方も、中にはいるでしょう。

こういったものは正直なところ各々の感じ方の問題もありますので、無理してレンタルだけにこだわることもないかと思います。

レンタル家具が向いている人

生活スタイルに合わせてインテリアを変えたい人

同じ家具をずっと使い続けるのではなく、ライフステージの移り変わりや生活の変化に合わせて柔軟に住空間をチェンジさせていきたいという方にとって、レンタルやサブスクリプションサービスは最適解と言えるでしょう。

また、1ヶ月単位で利用できるサービスならもっと手軽に、それこそ気分によって頻繁に模様替えをすることもできちゃいます。

勉強や仕事を行う前に、ついつい部屋の片付けから始めてしまうなんて方は、気分転換代わりになって良いのでは?

新生活をなるべく費用をかけずに始めたい人

引っ越ししたての頃というのは、何かと物入りなもの。なるべく余計なコストはかけたくないというのが心情でしょう。

そういったとき、レンタルやサブスクリプションサービスを利用すれば、インテリアまわりの初期コストを数分の一、数十分の一に抑えることができます。

単身赴任や急な転勤になってしまった人

こういった方々は、家具をじっくり検討している時間がないため、割高なものや自分の生活スタイルに合わないものを急いで買ってしまいがちです。

レンタルやサブスクリプションサービスなら、もしも使ってみて気に入らなかったら別の家具に交換できますし、ライフスタイルに合った家具をゆっくりと選ぶことが可能です。

また、単身赴任など期間が限定的な場合も、これらのサービスならそれぞれの期間に合わせて柔軟に利用できます。

所有欲があまりない人

いつか手に入れることを夢みながら日々の仕事に励み、ようやく手に入れた憧れの家具。

そういった満足感や達成感は、やはり所有することでしか味わえないものです。

逆に、「持つ」ことの重みや面倒さを感じる方にとっては、レンタルやサブスクリプションはぴったりのサービスと言えます。

また、所有欲を満たしたい方も、家にある全ての家具を自分が納得のいく最高のものばかりでいきなり揃えるのは、予算的にも厳しいかと思います。

上記のようなサービスでコストを抑えつつとりあえず必要な家具を揃え、少しずつ貯めたお金で憧れの家具を一つまた一つと増やしていく・・・。

そんな楽しみ方もできるかもしれませんね。

もしも傷つけたり、壊してしまったら?

通常利用の範囲内での傷であったり、故意による破損でないならば、費用を負担する必要がないというサービスがほとんどで、あっても返品送料を負担するだけでよかったりします。

無償で修繕や交換に応じてくれるところもあるので、心配な方は事前に確認しておくといいかもしれませんね。

法人利用も可能?

会社の立ち上げやオフィス移転などで、ある程度まとまった家具が必要になるケースも多いかと思います。

上記のサービスのほとんどは、そういった法人の利用も歓迎しており、中には専用のプランやサポートサービスを用意しているところもあります。

最近ではレンタルスペース運営や民泊ポータルなどと提携している事業者も増えているようで、今後も需要が増えていくことが予想されます。

まとめ

ひとことで家具のレンタル(サブスクリプション)サービスといっても、それぞれコンセプトや想定している利用シーンが微妙に異なっている印象を受けました。

個人的には、1ヶ月単位で利用でき、気に入ったら差額を支払えば買い取れるサブスクリプション系のサービスが気になっています。今度引っ越す時に使ってみようかな・・・。

とはいっても、やはり重要なのは、自分が本当に気に入った家具を使うこと。それぞれのサイトにある商品一覧を比較して、「コレだ!」と思った家具が借りられるサービスを利用するのがベターかと思います。

あのIKEAも、近い将来日本で家具のレンタルサービスを開始するという話もありますし(既に下取りサービスは実施中)、持続可能な社会を目指す上でも、これからますますこういったサービスが増えていくことは間違いありませんね。

  • この記事を書いた人

philo

インテリアコーディネーター。ユニークな家具・雑貨の情報やお部屋改造のアイデアを集めて発信しています。

-まとめ
-,

автоматический полив теплицы

футзальный мяч

термобелье купить

Copyright© crita.info , 2019 All Rights Reserved.